BLOG

「レジが好きなんです」各店に笑顔や気遣いのできるスタッフを増やしたい!

2020.09.11

エムアンドアールで働く社員を取り上げるこのコーナー。
各部門で活躍する社員にインタビューします!

第2回は、静岡県内のスーパーを担当する店舗管理社員をご紹介。
店舗管理職とは、取引先委託店舗を管理する仕事です。

店舗管理として3つの店舗を担当。
主に、担当店舗の管理、研修、稼働スケジュール調整、広告の出稿状況確認などの業務を行う社員です。

 

Fさん
店舗管理社員のFさん

「人の輪」を深めたいと考え、エムアンドアールに入社

Q.入社したきっかけを教えてください。

A.静岡県内のスーパーでエムアンドアールのスタッフとして働いたことが、入社したきっかけです。
そこで、初めてレジの仕事を経験しました。
ありがたいことに、私のレジ接客を見て「ぜひ社員になってみない?」と声をかけていただきました。

接客中はレジ周りだけではなく、店内の端まで聞こえるくらい大きな声をだすように気を付けていましたね。直営の方から「Fさんがいると、売り場が明るくなりますね」と言われたこともあります。

店舗で働いた経験から、店内でお取引先の方とコミュニケーションを深めるのはもちろんのこと、社内での報連相の徹底やコミュニケーションの大切さも実感しました。

同じエムアンドアールの従業員でも、シフトが違う人とは会う機会が少なくなりますし、店舗管理社員との接点も大切だからです。

そのような思いから、私が社員になってエムアンドアール内の「人の輪」を深めていきたいと考えるようになりました。

レジの切り替え研修が、研修・教育に興味を持つきっかけに

Q.レジ研修を担当したきっかけは?

A.以前担当した研修内容を評価されて、私が担当することになりました。レジが新システムに変更となり、これまでの操作・登録・お金の預かり方法など、オペレーションの変更に伴う研修が必要になったからです。

その時の経験が、私の研修に対する考え方・見方が変わる転機となりました。

人に教えるにしても、まずは私がマニュアルを理解しないと教えられません。
レジ業務を教えるなかで、自分自身の学びにつながったとも思います。

1つの店舗で1日3~4時間研修します。人数は、一度に3~10人くらいの規模でした。

Q.研修内容について詳しく教えてください。

A.研修では、「話しかた」「スピード」などをトレーニングします。
どのように言えば伝わりやすいのかは、人によっても違うんです。
ゆっくり伝えた方がいい人もいれば、要点を的確にはっきり伝えた方がいい人もいます。

そういう意味では、教え方の勉強にもなりましたね。
いろいろな質問に答えていくなかで、自分自身の知識の棚卸や再確認の機会となり、スキルアップになったとも思います。

新レジ切り替えの初日、見守りとして接客応対に立ち会いました。
そこで「Fさんに教えてもらったおかげで、レジの操作がしっかりわかりました」と言われてうれしかったです。

私はもともと、人に教えることが好きなのかもしれません。
最初はレジを知らなかった人が、操作を覚える過程を見て「教えたことを相手に分かってもらえると、こんなに楽しいんだ!」と実感しました。

Q.教えるときに意識した点はありますか?

A.マニュアルを見ると、企業ごとの特徴があって、それぞれ少しずつ違うところに面白さを感じます。
レジ操作の正確さ、速さ、笑顔など……。重視するポイントもさまざまです。

マニュアルひとつとってみても、企業ごとに「特色」があります。
たとえマニュアルを見て教えようとしても、その企業がどんな意図で、何を重視してマニュアルを作成したのかという「背景」を理解していないと、良い研修はできません。

そのような考えから、研修やトレーニング業務にもっと携わっていきたいという気持ちが芽生えました。

担当店舗のスタッフが活躍する姿を見るのがうれしい

Q.仕事でやりがいを感じたことをお聞かせください。

A.担当店舗で、研修中にミスが多いスタッフさんがいました。
最初はレジの操作ミスが多かったのですが、ご本人がくじけずに覚えてくださり、接客スキルがどんどんアップしていきました。

ご本人は働くことに一生懸命で、とてもやる気がある方でした。
最終的にその方は、見違えるほどスキルアップして、お店の人や周囲の人からも愛される存在にまでなりました。それからは、お店の雰囲気もさらによくなり、従業員同士の輪が広がりました。

Q.その方は、なぜそこまで変わったと思いますか?

A.仕事に対してやる気があったことと、くじけずに学ぼうとしていたことですね。
レジミスをしてしまって私が注意したときも、その後しっかり考えて「どうしたらもっとよくなるか」という考えを常に持っていました。

その方から、「Fさんに丁寧に教えていただいたおかげで、自信をもって仕事に取り組めるようになりました」と言われたんです。

その言葉がうれしかったし、そのスタッフさんが周りの人から必要とされるところを見てますますうれしかったですね。

「エムアンドアールに頼んでよかった」と思われたい

Q.今後の抱負を教えてください。

A.「エムアンドアールに頼んでよかった」と言われたい。
私はやっぱりレジが好きなんです。今後も、この気持ちを大切にしていきたいと考えています。

レジのスピードや正確性はもちろんですが、笑顔や気遣いのできるスタッフを増やして、担当店舗のイメージアップに貢献していきたいと思っています。

仕事では、研修・教育できるよう私自身もっとスキルアップしていきたいと思います。
そして、店舗管理者として管理業務にも力を入れていきたい。
店舗から求められたことに応えて、ビジネスパートナーとして一緒に良い環境をつくっていきたいと思います。

 

今回は、店舗管理職の仕事に就く社員をピックアップしました。
社員インタビューは、今後も連載でお届けいたします。

資料請求・お問い合わせ

レジのアウトソーシングや教育など各種サービスの資料をご用意しております。
資料請求・ご相談など、お気軽にお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせはこちら

0120-711-336