コンプライアンス

コンプライアンス

現場において、「コンプライアンス」は重要なキーワードです。
すでに一般的となったこの言葉ですが、「法令遵守」という狭い意味で捉えられがちです。しかし、それだけでなく、「社会規範に反しない」という本来の意味においてこそ、労働者において重要であるとエムアンドアールは考えております。つまり、「法に抵触しなければよい」という最低限のことだけではなく、「社会生活の調和を図る」ことで、やっと「コンプライアンス」が徹底されているということになります。道徳を含んだ、倫理の範囲まで考慮して「コンプライアンス」というべきです。

「法律を守ろう」「人を大事にしよう」という姿勢が、「コンプライアンス」の本質であるとエムアンドアールは考えております。
「コンプライアンス」の実現によって、スタッフの皆様には、働くことの安心感と仕事場での充実感が、円滑な業務と職場の一体感が生まれるはずです。

「コンプライアンス」において前提となるのは、まず法律の理解です。法律は、社会規範を集約したものだからです。
またスタッフに限らず、人間一人ひとりには感情があり、異なる価値観があります。
共に仕事をする上で、お互いを尊重する姿勢がなければ、業務は円滑に進みません。それは法律を守っていれば問題はない、という硬直な姿勢とは異質なものです。
エムアンドアールでは「法律の理解」「お互いを尊重する姿勢」を大事にしています。

特に、以下2点について、ご理解いただけますよう、お願いいたします。

1.ハラスメント防止の取組み

職場におけるハラスメントは、エムアンドアールが大事にする『お互いを尊重する姿勢』に反する行為です。被害者となる個人の尊厳を不当に傷つけるだけでなく、周囲の職場環境にも悪影響を及ぼします。また、会社にとっても生産性の低下を招き、イメージダウンなど社会的信頼を失います。エムアンドアールはハラスメント防止の取組みを重視して、労働者全ての人格や尊厳が尊重され、互いの信頼の下に良好な人間関係を構築し、活気ある職場づくりを目指します。

(1)弊社は下記のハラスメント行為を許しません。

  • パワーハラスメント
  • セクシャルハラスメント
  • 妊娠、出産、育児、介護に関するハラスメント
  • その他のハラスメント

(2)ハラスメントに関する方針はエムアンドアールに関わる全ての方を対象とします。

(3)ハラスメントを行った事実が明らかになった場合、ハラスメントの行為者に関しては就業規則に基づき、懲戒処分を含めて厳正に対応します。

(4)弊社はハラスメントに関する相談窓口を設け、具体的な事案に対応します。相談者はもちろんのこと、事実関係の確認に協力した方についても不利益な取り扱いは致しません。
プライバシーを遵守した上で対応しますので安心して相談してください。
事実関係を迅速・正確に確認し、速やかに問題解決と再発防止にあたります。

■社内相談手続き
メール:soudan@mr-os.co.jp
文書:〒151-0051
東京都渋谷区千駄ヶ谷5-18-20 代々木フォレストビル9階
ハラスメント相談担当 宛

2.契約書を必ず明示します。

就業先企業と締結する主な契約書

(ア)業務委託基本契約書

業務の一部または全部を任せる際に、委託者と受託者との間で締結するものです。 事前に双方の合意の上で業務に着手するための契約書です。請負の契約の際に締結します。

スタッフと締結する主な契約書

(ア)請負雇用契約書

請負の場合の契約書で、労働基準法で定められた「労働条件明示事項」と、労働者派遣法で定められた「明示事項」を定めます。

3.改定

2004年7月 策定
2020年5月 最終改定

資料請求・お問い合わせ

レジのアウトソーシングや教育など各種サービスの資料をご用意しております。
資料請求・ご相談など、お気軽にお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせはこちら

0120-711-336