BLOG

【プラスチック製レジ袋有料化】7月1日からスタート

2020.06.24

「レジ袋はご利用ですか?」

「レジ袋が必要な方は、カードをご提示ください」

このようにスーパーなどでは、レジ袋有料化に伴う告知を実施済みの店舗も多いのではないでしょうか?

2020年7月1日、経済産業省が推進する「プラスチック製買物袋有料化」がいよいよスタートします。すでに、「持続可能な開発目標(SDGs)」の取り組みの一環として、プラスチック製買い物袋の有料化を進めている企業も多いと思います。

これまで、多くの店舗で無料配布されてきたレジ袋。小売業では、レジ袋有料化に対応するため、店内告知やオペレーションの変化などへの対応が進んでいます。

今回はレジ袋有料化について、改めてその目的や対象事業者、対応状況をまとめました。

レジ袋有料化の目的

日本では、1970年代からレジ袋が使われるようになり、「軽い・丈夫・安い」などの理由で、購入した商品の持ち運びに重宝されてきました。

利便性の高さから普及したレジ袋が、なぜ有料になるのか。経済産業省の説明によると、「普段何気なくもらっているレジ袋を有料化することで、それが本当に必要かを考えていただき、私たちのライフスタイルを見直すきっかけとすることを目的としています」とあります。

では、ライフスタイルを見直した先にどうなるのでしょうか。レジ袋の使用を減らすことが、ひいては環境破壊の抑制にもつながるということです。

世界の海には、年間800万トンものレジ袋をはじめとしたプラスチックごみが、流れ込むと言われています。

なかでも日本は、世界で2番目にプラスチックごみの排出が多い国(1人が輩出するプラスチックごみの量)。各地でレジ袋が使い捨てされた後、流れ着くのが海や川などというケースが少なくありません。

海中にレジ袋などのごみが残り続けることで、海の生き物が誤飲するなどして命を奪いかねません。さらには、生態系に変化をもたらす恐れもあります。また、プラスチックは地球温暖化に影響を及ぼすとの見解も。

世界各国のレジ袋使用状況

これらの環境問題を解決するため、世界的にプラスチックごみの削減が進められています。

レジ袋有料化の動きは、日本に限らず世界各国で活発化しています。

たとえばヨーロッパでは、ドイツ、デンマーク、スイスなどの国で、既にレジ袋が有料化。フランスは、小売業での使用を禁止しています。このように、世界各国でレジ袋やプラスチックごみを減らす取り組みが進められています。

対象となる事業者

今回対象となるのは、「プラスチック製買物袋を扱う小売業を営む全ての事業者」

ほかに、スーパー、コンビニ、ドラッグストアなどの小売業のほか、製造業やサービス業でも、「事業の一部で小売業を営む」場合は、レジ袋有料化の対象です。

たとえば、以下のようなケースが当てはまります。

・美容院で販売している、ヘアケア用品やドライヤーなどの商品を持ち帰るための袋

・製造業者が直接商品を販売する場合、お客様が商品を持ち帰る際のレジ袋  など

対象外となる袋

既にご存じの方も多くいらっしゃると思いますが、改めて対象外となる袋についてご紹介いたします。

有料化の対象となるのは、購入した商品を入れる持ち手付きのプラスチック製買物袋です。

そのため、下記については対象外とされています。

・紙袋

・布袋

・持ち手のない袋

野菜や肉、パンなどを直接入れる小さなポリ袋については、衛生上必要不可欠のものでもあり、有料化の対象外。

また、「繰り返し使える」「微生物によって海で分解される」「温暖化対策に寄与する」などの環境性能が認められ、その表示がある下記の3点については、対象外とされています。

・プラスチックのフィルムの厚さが50マイクロメートル(0.05ミリ)以上の袋

・海洋生分解性プラスチックの配合率が100%の袋

・バイオマス素材の配合率が25%以上の袋

上記については、使い捨てられる可能性が少なく、環境への影響が少ないなどの理由から、それぞれの使用条件が満たされる場合に限り、無料での提供が可能となります。

店舗でのマイバッグ・エコバッグの推進

昨年から広告やインターネット、メディアなどを通じ、レジ袋有料化が告知されてきました。各小売業者では、繰り返し使えるマイバッグ・エコバッグの販売、店内掲示や配布物などによるレジ袋有料化の告知など、様々な工夫がされています。

全国のスーパーやコンビニなどでは、エコバッグの無料配布やプレゼントなどのキャンペーンにも注目が集まりました。

全国一斉にレジ袋有料化が始まることで、今後ますますマイバッグ・エコバッグが普及するという見方もあります。

弊社でも、マイバッグ・エコバッグの推進を前に、昨年オリジナルのエコバッグを作成しました。持ち手や素材の丈夫さ、大きさなども考慮して制作した買い物に最適なエコバッグです。素材の丈夫さやデザインなど、好評をいただきました。

まとめ

今回は、各社で対応が進むレジ袋有料化についてまとめました。

全国でレジ袋が有料化になり、マイバッグ・エコバッグの普及が進むことで、環境問題改善につながる可能性もあります。

有料化がスタートした後も、各店舗での対応状況の変化や環境への効果については、今後も注目が集まりそうです。

資料請求・お問い合わせ

レジのアウトソーシングや教育など各種サービスの資料をご用意しております。
資料請求・ご相談など、お気軽にお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせはこちら

0120-711-336