BLOG

【課題改善例】委託導入で採用難を回避!

2020.09.25

エムアンドアールの委託を導入していただくことで、店舗が抱える様々な課題を改善することができます。

今回は、新規お取引先企業様の複数店舗に、委託導入した社員に話を聞きました。

弊社のアウトソーシングを実際に導入しお取引先店舗で、課題改善例につながった事例をご紹介いたします。

<before>

・店舗が採用難の地域にあり、常にレジスタッフが足りない
・繁忙期にほかの部門から、レジスタッフの応援がないと回らなかった

<after>
・曜日、時間帯を問わずレジが安定稼働するようになった
・他部門のスタッフがその部門の仕事に専念できるようになった

【シフトの安定化】他部門からのレジ応援が少なくなった

Q.先様が委託を導入することになったきっかけを教えてください。

A.東北エリアで長年採用に苦戦している店舗があり、求人を出しても慢性的に人が集まらない店舗の採用をどうすれば良いか、先様は課題を抱えておりました。

私から、アウトソーシングであれば最低限のレジ稼働台数を担保できるメリットをお伝えし、導入を検討していただいた結果、特に採用が厳しい店舗でのアウトソーシング導入のご依頼に至りました。

その店舗は周辺地域のスーパーの中でトップ3に入る売上を上げていたため、常にレジ人員が不足しておりました。
まずはその店舗で委託を導入し、翌月以降に他の店舗の委託を開始しました。

Q.委託後の感想はどんなものでしたか?

A.取引先企業の本部からは、委託開始後「安定してシフトが回るので、安心しました」というお声を多くいただきました。
その店舗では、毎年12月に人が足りなくなり、生鮮部門など他部門スタッフが応援に入るほどでした。
年末で忙しい時期に「シフトが安定した」と喜ばれたのがうれしかったですね。

12月の年末年始は繁忙期になるので、レジに限らずサービスカウンターにも人が必要です。
実際に委託を開始したことで、人が回り安定しました。

店舗からスタッフが評価される

Q.店舗から、接客に関してどのような反応がありましたか?

A.チーフから「接客品質が高く、見本となるようなスタッフがいる」とお褒めの言葉をいただきました。

接客態度がいいのは当然のことながら、気遣いや配慮ができるスタッフがいると喜ばれました。
その企業様はチェッカー業務に力を入れているので、弊社のスタッフが評価されるのはうれしいことですね。

そのスタッフは、店舗だけではなく本部の方からも評価されています。
直営店のスタッフが入社した時は、そのスタッフをお手本に練習することもあったようです。

その店舗のチーフはスタッフ教育にも力を入れている方で、店舗ではレジ間の私語は禁止。
ルールに則って正しく応対するというのを徹底している店舗でした。
厳しくチェックしてくださるチーフがいるからこそ、弊社スタッフの接客を褒められるのは嬉しいですね。

Q.チェッカースピードについてはどうでしょうか?

チェッカースピードでは毎週一品当たりのスキャン時間を「2.4秒切りましょう」という目標があり、各スタッフのチェッカースピードが、店内に張り出されていました。
当初は2.4秒が目標でしたが、レジで読み上げをしないことが決まり「2秒以内」という目標に変更になりました。

入社したときのチェッカースピード「3秒」から、数ヶ月で「1.9秒」にまでスピードが上がったスタッフもいます。
POSを確認すると、各自のスキャンスピードが分かる。

誰が何秒かかったのかは、本部に張り出されるので一覧で見ることができます。

目標を明確化したことで、スタッフのやる気につながり接客品質がアップしました。
弊社のスタッフの頑張りにより、店舗内でのスタッフ同士の競業や切磋琢磨しあえる状況が生まれました。

まとめ

エムアンドアールのレジアウトソーシングなら……

・委託でレジ部門を丸ごと任せられるので、スタッフ採用の心配がない

・店舗でのスタッフ同士が競業し、接客レベルの向上が可能

 

店舗で発生する様々な課題の解決策として、是非レジアウトソーシングをご検討ください。

 

資料請求・お問い合わせ

レジのアウトソーシングや教育など各種サービスの資料をご用意しております。
資料請求・ご相談など、お気軽にお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせはこちら

0120-711-336