BLOG

レジ業務の改善に欠かせないエムアンドアールの「定例会」とは?

2021.03.11

「打ちミス」や「レジのスキャンスピード」など、接客品質のチェックは、どのように行われているか疑問に思ったことはありませんか?

エムアンドアールでは、専任の担当者を配置し、企業・店舗様やスタッフの状況に合わせた接客品質のチェックや、接客品質向上のための定例会や教育研修を行っています。

今回は、接客品質向上の取り組みとして毎月開催している、「定例会」の目的や概要についてご紹介します。

定例会を開催する目的と内容は?

目的

より良い店舗運営をするための情報共有の場となります。
「課題改善」の進捗報告や「新たな課題」を定義し、その場でお互いの認識を共有します。これにより、トラブルの元となる齟齬を防ぎます。

内容

稼働状況やレジの誤操作の有無など、レジ業務の実施内容を報告します。
「打ちミスやレジのスキャンスピードなどの課題をどのように改善したか」や「改善施策がどの程度進んでいるか」などの進捗報告を行います。
また、店舗側からの要望や、レジ運営にかかわる店舗オペレーションの変更点などから、新たな課題を定義し共有します。

具体的な報告内容例として、下記のような項目があげられます。
・依頼時間に対しての稼働率
・スタッフ別の稼働時間
・スタッフの採用計画
・レジミスの内容(誤操作)

誤操作例
  • 点数過剰
  • 「プロモーション」間違い(一括割引ミス含む)
  • 割引・値引き処理ミス
  • タッチキーPLU打ち間違い(食料品のみ)
  • 支払種別間違い(商品券などの現金入力等)
  • クレジット支払い方法間違い
  • 金額入力ミス(預かり金・チャージ金の入力等)
  • ポイントカードスキャン忘れ
  • スキャナー切り替えミス
  • 会計分かれ
  • チャージを現金支払い
  • その他

 

定例会はいつどこでどのように行われるの?

参加者

店舗様から、店長、副店長、チーフ。エムアンドアールから、営業社員、業務推進課トレーナー、店舗管理社員が参加します。

場所

通常、お取引先企業様の店舗で開催します。

頻度

基本的に月次定例会として月に一回開催(店舗の状況に応じて、開催頻度は異なります)。

 

まとめ

いかがでしたか?
定例会を開催することによって、店舗様とエムアンドアールで情報共有ができ、常にスタッフの接客状況を把握できるため、高いレベルの接客品質を維持することが可能になります。
課題改善サイクルを実行する、より良い店舗運営のための大切な機会です。

 

資料請求・お問い合わせ

レジのアウトソーシングや教育など各種サービスの資料をご用意しております。
資料請求・ご相談など、お気軽にお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせはこちら

0120-711-336