BLOG

【店舗レポート】角上魚類(小平店)

2021.09.14

今回の店舗レポートは、新潟県寺泊にある「魚の市場通り」に本店を構え、全国22店舗に展開する角上魚類(小平店)。メディアでも新鮮な魚やお寿司などの人気ぶりがたびたびメディア等で取り上げられる鮮魚の専門店です。

東京には小平、赤羽、南千住、日野の4店舗を構えています。今回は、小平店についてレポートします。

角上魚類(小平店)は、西武新宿線の小平駅から徒歩15分ほどの立地にあります。

角上小平店

広大な駐車場を備え、近隣の方だけではなく、遠方から来る買い物客が多いことでも有名です。

特に年末年始の盛況ぶりは有名で、駐車場に入るために大行列になることも。同店舗の近くに住む主婦は、「年末は早朝から開いていて、車で長蛇の列ができる有名店。新鮮でおいしいお魚が手ごろな値段で買えるので、並んででも行きたい」と話していました。

私が来店したのは、土曜日の16時頃。ちょうど夕飯の買い物に来ている方が多く、売り場は賑わっていました。

 

大人気店の売り場とは?

シンプルなコの字型のレイアウトの店内には、冷蔵のオープンケースがずらりと並べられています。店内に背の高い陳列棚がほとんどないことから、入店すると売り場の隅から隅まで見渡せるシンプルなつくりです。

店内中央には川の字型に並べられた冷蔵のオープンケースがあり、魚の切り身などが陳列されています。

一方、壁側に面した陳列棚には、お寿司やお刺し身など売れ筋の商品が陳列され、飛ぶように売れていく様子を目の当たりにしました。

お歳暮や年末の時期には店舗前に仮設テントが設置され、宅配の手続きができるようになっています。角上魚類(小平店)で購入した商品をお中元やお歳暮、お年賀需要が多いことがうかがえます。

 

ここがポイント!角上魚類(小平店)の特長とは?

 

特長①鮮度がよく、品揃え豊富な商品

店内には活きの良い商品が多く、新鮮な魚が並べられた対面販売コーナーもあります。品揃えの豊富さはさることながら、活きのいいカニなど新鮮な魚介類が取り揃えられています。

この日、特に人が多かったのがお寿司コーナーと刺し身コーナーです。

商品が飛ぶように売れていく一方で、店員さんが、常に商品の売れ行きをチェックしているため、陳列棚に少なくなった商品は、店員さんが配膳カートですぐに補充されていきます。

そのため、陳列されている商品はどれも色がよく新鮮な状態がキープされているものばかりでした。

 

特長②対面販売で捌いてくれる

対面販売コーナーでは、魚を丸々一匹購入しても、その場で捌いてもらえるのが魅力です。好きな魚を購入すれば、三枚おろしや切り身にしてもらうことができるので、気軽に購入でき、自宅で調理する手間も省けます。

店員さんに魚の種類やオススメの食べ方を聞けるのも嬉しいポイントです。

売り場からは実際に調理場が見えるので、魚を捌く姿が間近に見えて商品の新鮮さを物語っています。「まぐろ解体実演販売」も有名です。

角上魚類②

特長③通路も広く買い物しやすい

店内は、いたってシンプルなレイアウトですが、それがかえって「漁港の市場」のような雰囲気に。

天井の照明には室内をまんべんなく照らすことのできる四角いベースライトが使用され、全体的に明るい印象です。

私が訪れたときは店内がにぎわっている時間でしたが、レジ待ちの行列は少なく、どの列も二人待ちくらいと比較的スムーズに進みました。

二人制のレジもあるなかで、私は一人制のレジで会計しましたが、商品のスキャンはテキパキと早い一方で、刺し身やお寿司など崩れやすい商品を丁寧にかごに入れているレジスタッフの姿が印象的でした。

 

活気ある売り場で商品を選ぶ楽しさがある

私が来店した日は、店内の商品が飛ぶように売れましたが、店頭の商品が減ってもすぐに新たな商品が補充されていきました。商品補充の速さからも、人気店であることがうかがえました。

新鮮で豊富な種類の魚と鮮度の良いとお手ごろな価格から、遠方から買いに来るファンが多いことにも納得です。

活気ある売り場の雰囲気と質の良い品ぞろえも手伝って、ついいろいろな商品を買いたくなってしまいました。

飲食店業者など、新鮮な魚を大量に欲しいというニーズから、一般家庭で新鮮な魚が欲しいという方まで、幅広いニーズを満たしてくれる店舗です。

以上、今回は角上魚類(小平店)をレポートしました。

資料請求・お問い合わせ

レジのアウトソーシングや教育など各種サービスの資料をご用意しております。
資料請求・ご相談など、お気軽にお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせはこちら

0120-711-336

レジアウトソーシングの株式会社エムアンドアール