BLOG

レジ業務のアウトソーシングって費用が高い!? 料金体系とメリットを考察

2021.01.14

皆さんは「レジ業務のアウトソーシング」と聞いてどう思われますか?

「コストが高そう」「業務範囲はどこまでやってくれるの?」「何台から対応してくれる?」「アウトソーシングしたらメリットはあるの?」などのようなお声を多くいただきます。

 

アウトソーシングの利点は?

自社でレジスタッフを雇用している小売店様は、下記のような悩みを抱えている方も多いのではないでしょうか?

  • レジスタッフが急用や病気などで休むことになり、予定外のシフト調整が大変
  • 自社で採用できないので、広告代理店に依頼している
  • 自社で採用してもすぐに辞めてしまう
  • 予定外の採用広告費用が発生する
  • 教育研修など、時間とお金がかかる
    など

 

アウトソーシングするとこれらが解決します。

 

解決したらどうなる?

  • 教育されたプロフェッショナルな人材が業務を担当するため、顧客満足度が上がる
  • 時間やコストなどの経営資源を、他にかけることができる
  • 店長がコア業務に専念できる
  • 業務が改善し、売上が上がる
  • 年間を通して予算管理ができる

 

すでに導入されているお客様の声

  • アウトソーシングすることで、お客様の導線を意識した売り場づくりができるようになり、売り上げの向上につながった。
  • 自社スタッフや店長の勤務環境が改善された。

 

 

ここまでお話しすると、「費用が高い」「どれくらいかかるか分からないから不安」と思われるかもしれません。
そこで、レジアウトソーシングの料金体系についてQ&A形式でご説明します。

 

Q&A(よくある質問)

Q.月々にかかる費用は?
A. 基本料金(単価×時間×日数)と管理費が発生します。

Q.社会保険料・福利厚生費は?
A. 請負業者が負担します。

Q.業務範囲は?
A. チェッカー・サッカー・キャッシャー業務 • スタッフ研修(初期教育、再教育) • サービスカウンター業務 • 銘店対応、総合受付案内 など、業者によって対応範囲は異なるので、事前にご確認ください。

Q.契約期間は?
A. 1年契約が一般的です。

Q.台数は?
A. 2台から必要に応じて請け負います。期間限定の増台に対応する業者や、全台のみ請け負う業者もあります。

 

 

資料請求・お問い合わせ

レジのアウトソーシングや教育など各種サービスの資料をご用意しております。
資料請求・ご相談など、お気軽にお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせはこちら

0120-711-336