BLOG

レジアウトソーシングとは?

2020.08.28

レジアウトソーシングのエムアンドアールです!

レジアウトソーシングの導入が可能な店舗はいろいろとあります。

GMS(総合スーパー)、スーパーマーケットのなどの日用品、生鮮食品を売る店舗から、ホームセンター、百貨店、ディスカウントストア、ドラッグストア、コンビニエンスストアなどの小売業全般でご利用いただけます。

皆さんがお勤めの店舗や普段ご利用中の店舗でも、「実は、アウトソーシングを利用している」というケースもあるかもしれませんね。

レジアウトソーシングの概要

レジアウトソーシングとはなんなのか?

小売業には欠かせない、レジ業務の運営を代行するサービスです。

アウトソーシングの定義は次のとおりです。

アウトソーシングとは、自社の業務の一部を外部の企業などに委託することである」(広辞苑)

レジに限らず、アウトソーシングの利用が可能な分野は幅広く、開発、生産、物流など多くの業務が外部委託されています。

指揮命令系統の違いに注目!

「指揮命令系統」がどちらにあるのかが、派遣とアウトソーシングの大きな違いです。

派遣は、労働者を派遣することにより「役務の提供」を行う契約です。

一方アウトソーシングは、「人」ではなく「業務の遂行(完成)」に対する契約です。

これは、レジのアウトソーシングに限らず、アウトソーシング全般について言えます。

想像してみてください。

「レジの未稼働が多くて、人を採用しても定着率が悪い……」

そんなときに、派遣で労働者を受け入れた場合……。

一部の労務管理業務は減るものの、その人材の教育や雇用の管理は減りません。

しかし、もしアウトソーシングを利用した場合……。

業務を丸ごと任せることになるので、雇用、労務管理のほかに教育や指導をする必要もありません。

業務委託契約を結んで業務の遂行(完成)を依頼した場合、指揮命令権は請負先。

派遣元の社員が、直接スタッフを指導することはできません。

ぜひ、以下の記事もご覧ください。

レジアウトソーシングと人材派遣の違い

レジアウトソーシング(業務委託)と人材派遣の違い

アウトソーシングで店長業務の何が変わる?

小売業の店長は、多くの従業員を束ねる重要な存在。

下記では、「ヒト、モノ、カネ、情報」の視点から、レジアウトソーシングの利点をご紹介します。

アウトソーシングを利用して「ヒト」を補充することで、業務の時間にゆとりができ、他の「モノ・カネ・情報」をカバーできるかもしれません。

ぜひ、以下の記事もご覧ください。

人の写真

店長業務の「ヒト・モノ・カネ・情報」とは

状況別!レジ業務の【アウトソーシングor派遣】

人が足りないとき、人材派遣を利用したことがある方もいらっしゃるかもしれませんね。

実際に利用する場合、どんな時にどちらを選べばいいか、悩みませんか?

状況別に、アウトソーシングと派遣をどのように使い分ければ良いのか、下記にまとめています。

ぜひ、以下の記事もご覧ください。

AorB

課題によって使い分け!レジ業務のアウトソーシングと派遣

導入後のメリット・デメリット

実際にアウトソーシングを利用したら……。

導入することでのメリットは何なのか?

デメリットとなりうることはあるのか?

それぞれどんなケースがあてはまるのかまとめてみました。

ぜひ、以下の記事もご覧ください。

メリット

レジアウトソーシングのメリット・デメリットを解説

まとめ

いかがでしょうか?

レジアウトソーシングの専門業者に依頼すれば、客観的な視点やノウハウが入手できます。

「今は求職者が多くて人では足りている」という場合も、ぜひ、長期的な視点でアウトソーシングのご利用を検討されてみてはいかがでしょうか?

資料請求・お問い合わせ

レジのアウトソーシングや教育など各種サービスの資料をご用意しております。
資料請求・ご相談など、お気軽にお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせはこちら

0120-711-336